宮島杓子
トップページ > 味と技 > 宮島杓子・宮島土鈴・宮島張り子
宮島の技
宮島杓子

寛政の頃(1789年~1800年)、島民の苦しい生活ぶりに心を痛めていた誓真という僧が、ある夜弁財天の夢を見ました。その手元にあった琵琶の形を真似て杓子を作り、島民にも教えたのが宮島杓子の始まりです。当時は嚴島神社に参詣する人々への土産物が非常に少なかったために宮島土産として人気を得、全国に広がっていきました。
今では大量生産品やプラスチックで作られたものが一般的になりましたが、宮島には一本一本杓子を手で削っていく昔ながらの作り方が、今も息づいています。木目がアクセントになっている滑らかなフォルムの杓子の美しさは、目をみはるほど。手作りの杓子が、飯粒の付着が少なく臭気を移さないのは、素材を吟味しているのと、磨いた後に水に濡らして目を立たせて再度磨くからです。手間と時間をかけて仕上げる巧みの技を、土産物店の店頭でも見ることができます。リズム良く刻まれる彫りの妙を、ぜひ一度ご覧ください。

宮島杓子
宮島杓子宮島杓子
宮島土鈴

宮島は、古くから焼物と縁があります。かつて安芸国(あきのくに)の人は、旅の安全を祈願して嚴島神社本殿床下の砂を「お砂守」としてもらっていました。江戸時代後期にはその砂を使った祭器が作られ、宮島焼きが誕生したといわれています。さらに戦後には、観光客に喜んでもらえる手軽なお土産として、宮島土鈴が作られるようになりました。今も、一つひとつ手をかける昔ながらの製法が守られています。
宮島土鈴は、どれも手のひらにのる程の大きさです。嚴島神社の大鳥居や狛犬、鹿、陵王(りょうおう)の他、四季の風物詩から干支まで100種類もあります。カランカランと涼しげな音を響かせる土鈴。全体に丸みをおびた形ほど、いい音がするとか。土産物店で見かけたら、やさしく振ってみてください。

宮島土鈴
宮島土鈴宮島土鈴
宮島張り子

「宮島にも色彩のある土産物を作りたい」という思いで張り子の研究をしていた宮島彫りの彫師の熱意から、昭和50年頃に宮島張り子が作られるようになりました。さらに歴史をひもとくと、宮島では亥の子祭りの飾り面として古くから張り子が作られていたと伝えられています。
宮島張り子は作り方が一般的な張り子とは違い、石膏型の内側に和紙などを張り付けて、成形されます。そのため美しいシルエットができるのだとか。朱や黄、青、緑など鮮やかな色遣いが特徴で、すべての工程が手作りです。手間がかかるため、どんなに急いでも生産できるのは1ヶ月に600個ほど。
宮島にいる野生の鹿や猿、様々な鳥、嚴島神社に奉納される舞楽の陵王、干支の動物、雛人形…と、種類も100を数えます。お土産はもちろん、縁起物としても人気を集めています。

宮島張り子
宮島張り子
宮島張り子宮島張り子
人と神々が共に生きる島 日本三景 Miyajima