波切不動明王像
(大聖院)
木造釈迦如来挫像
(大願寺)
トップページ > 神社仏閣
史的さんぽ神社仏閣
わが国では仏教の伝来以降、日本古来の神々と仏を結びつけ、仏や菩薩が人々を救うために様ざまな神の姿をかりて現われるという本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)が広まり、神仏習合が進展。神の島・宮島でも明治元年の神仏分離令までは、神社と寺院が密接に結びつき、独自の文化を築き上げてきました。島内に点在する数多くの神社仏閣を巡って、さらに深く宮島の歴史に触れてみてください。
神社仏閣
千畳閣と五重塔
人と神々が共に生きる島 日本三景 Miyajima